本文へ移動
カーボンニュートラルLNGの受入れ
2021-11-01
カーボンニュートラルLNGの受入れ

 帯広ガスは2021年11月より、カーボンニュートラルLNG(液化天然ガス)の受入れを開始致します。
これは温室効果ガス削減への取り組みの1つになります。

 カーボンニュートラルLNGとは、天然ガスの採掘から消費までの工程で発生するCO2を、別の場所での植林等の取り組みでCO2を削減・吸収することによって相殺(カーボンオフセット)したLNGのことです。
発生するCO2の分だけ、CO2クレジットを購入することで、CO2を削減・吸収に間接的に取り組むこととなり、地球規模では天然ガスの採掘、使用までの課程で発生したCO2は相殺され、実質的にゼロとみなされます。

 帯広ガスでは当面、自社で使用するガスをこのカーボンニュートラルLNGに切り替え、その利用を通じカーボンニュートラル社会の実現に貢献すると共に、地域インフラを担うエネルギー企業としての成長とサービスのさらなる向上を引き続き目指してまいります。

 今後も持続可能な社会の実現に向け、温室効果ガス削減に積極的に取り組んでまいります。

帯広ガス株式会社     
取締役社長 内木 真紀衣
TOPへ戻る